NPO法人オフィスリブスタイルは、『知的障害者や認知症高齢者を対象とした音楽療法活動や、誰でも気軽に参加できる音楽活動を通して、障害・健常の垣根を越え、全ての人が楽しく生きがいを持ち、あたりまえに笑いあえる社会を目指す』を理念とし、様々な分野において、音楽の可能性を最大限に活用した福祉活動を行っています。

 

 ストレス社会と言い換えても過言でないくらい、多くの人々が過度のストレスから来る心身の不調に悩んでいます。私どもは、そのような時代の中で、音楽を通して「心に寄り添う」という本来の精神的治療(いやし)と身体のケアについて考えてきました。

 「音楽は楽しいときの友であり、苦しいときの母である」

 人類の歴史とともに始まった「音楽」という癒しの手段は、現代社会を生きる私達の生活においても、友として、時に母として常に寄り添ってくれています。そしてそれは、社会的弱者においても同様です。むしろ、彼らは感じる心が強い分、音楽から受け取る影響は人一倍強いともいえます。

 認知症高齢者、知的障害者、精神障害者、不登校、引きこもり、ホームレス、アルコールまたは薬物中毒患者、DV被害者・・・

 これらは、この数年で私達が音楽療法を施してきた対象者のグループです。対象者の数だけ歴史があり、軌跡があり、音楽がありました。そして私達は彼らの心に寄り添い、心のこりをほぐしてきました。時に友として、時に母として。

 子供もお年よりも、強い人も弱い人も、障害がある人も無い人も、みんなで作る社会です。すべての人の能力と可能性を最大限に生かしたい、そして音楽のある毎日が人を「笑顔」にさせると私たちは信じています。

音楽セラピスト 代表 奥山京子

2015年6月18日 障害者(児)の音楽療法に音楽療法の効果のページを追加しました
2015年4月30日 高齢者の音楽療法に季節ごとのプログラム例のページを追加しました
2015年4月18日 高齢者の音楽療法に音楽療法の効果のページを追加しました
2015年4月13日 イスラエルのメディア6社から取材を受けました  -残念ながら日本では放送されません-
2015年4月01日 高齢者の音楽療法のページを刷新しました